家畜共済

加入について

加入家畜内容
乳用子牛 胎児 授精後240日以上
子牛 出生後5ヶ月末まで
乳用成牛 育成乳牛 出生後6ヶ月以上13ヶ月末まで
成乳牛 出生後14ヶ月以上
肥育牛 肥育子牛 出生後5ヶ月末まで
肥用成牛 出生後6ヶ月以上
他肉牛 他肉胎児 授精後240日以上
他肉子牛 乳牛、肥育牛以外で出生後5ヶ月末まで
他肉成牛 乳牛、肥育牛以外で出生後6ヶ月以上
種豚 出生後6ヶ月以降の繁殖豚
肉豚 出生後20日以降(その日に離乳していないときは離乳した日以降)

(※)農家単位の全頭加入です。

補償期間

共済掛金納入の翌日から1年間

対象となる事故

補償の種類対象の事故
オールリスク 死亡・廃用事故・病傷事故の全て
A事故除外 死亡事故・廃用事故
F事故除外 死亡事故・廃用事故(行方不明)+病傷事故
G事故除外 死亡事故・廃用事故(行方不明)
H事故除外 特定死亡・廃用事故(火災、伝染病、自然災害)+病傷事故
I事故除外 特定死亡・廃用事故(火災、伝染病、自然災害)
肉豚H事故除外 特定死亡事故

補償額(共済金額)

補償額=共済価額(1頭ごとの評価額×頭数)×補償割合(付保割合)

共済掛金

共済掛金=共済金額×掛金率-国庫負担額

共済金の支払い

  • 病気になった時は
    速やかに獣医師の診療を受けてください。又、速やかにNOSAIにも連絡してください。
    疾病・傷害等の診療費は、初診料を除いて一定の限度額(病傷給付限度額)まで共済金として支払われます。
  • 死亡・廃用事故になった時は
    診療を依頼した獣医師を通じて速やかにNOSAIに連絡してください。
    共済金は共済事故発生時の付保割合(上限80%)を乗じて算出します。
    NOSAIの確認が必要です。同時に異動内容の確認も行いますのでご協力願います。
    廃用事故の場合、売上伝票(仕切り書)、運搬料の領収書等を提出してください。
    過去の被害率が一定水準を越える加入者に対して、共済金の支払限度が設けられます。
    届出伝染病は、真症であり、自主とう汰を除いて、共済事故として該当するものを対象とします。
  • 廃用事故や手術等の請求があった場合は、個体の写真を撮る事がありますので、ご協力の程よろしくお願い致します。