組合長あいさつ

  

組合員の皆様におかれましては健やかに新しい年をお迎えのことと

お慶び申し上げます。

 この度の役員改選に伴い、組合長理事に選任され平成31年4月1日に

就任いたしました。

 県内一番の組合員数を誇る大きな組合の代表としての重責に身が引き

締まる思いでございます。微力ながら精一杯努めて参りますので、

ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 昨年も、全国各地で異常気象が起因となる観測史上初の猛暑や記録的な大型で

強い台風、局地的な豪雨・豪雪が頻発し、さらには、3道府県での大きな地震

による土砂崩れなど、農作物等で甚大な被害をもたらしました。

 被災された皆様には心よりお見舞申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興

をお祈りいたします。

 昨年4月法改正にともない農業災害補償法から「農業保険法」へ、平成31年1月

には「収入保険制度」がスタートし、農業共済組合は様々な異常気象や自然災害を

起因とする農業災害に対応する唯一の補償機関であり、セーフティネットとして

機能し、また将来にわたって安定した農業生産に向けて寄与していかなければ

なりません。

「平成」から新元号「令和」に改元し、我が国及び農業共済にとりましても新しい

時代にふさわしい飛躍と変革を切り拓くため、万全を期す所存でございます。

 役職員一丸となり制度の普及・推進に取り組んで参りますので、皆様にはより

一層のお力添えをお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただき

ます。

 

 

 

 

組合長理事 細田哲司