農作物共済

加入について

水稲、陸稲及び麦の耕作面積の合計が10アール以上の農家、農業法人、生産組織で、収入保険制度未加入者の方は加入できます。

上記の条件を満たしていない場合でも、水稲・陸稲・麦合わせて10 a以上作付けしていれば加入できます。

補償期間

水稲 本田移植期~収穫時まで補償します。(直播の場合は発芽期~収穫期となります。)
陸稲・麦 発芽期~収穫期まで補償します。

補償内容

加入方式対象作物内容補償割合
一筆方式 水稲、
陸稲、麦
耕地ごとに減収量を算定し、共済金を支払います。 7~5割
半相殺方式 水稲、麦 農家のすべての被害耕地の減収量を合計し、共済金を支払います。 8~6割
全相殺方式 水稲、麦 農家のすべての耕地の増収と減収を合計し、共済金を支払います。 9~7割
品質方式 水稲 減収及び品質の低下を伴う生産金額の減少を補償します。 9~7割
災害収入方式 減収及び品質の低下を伴う生産金額の減少を補償します。 9~6割

地域インデックス方式

水稲、
陸稲、麦
加入者ごと、統計単収地域ごとに減収があり、かつ、当年産の統計単収が基準統計単収の1割~3割(支払開始損害割合)を超える減収分を補償します。 9~7割

全相殺方式、品質方式、災害収入共済方式は原則として、JA等集荷業者への出荷資料から過去の収穫量のおおむね全量が把握でき、今後も収穫量のおおむね全量をJA等集荷業者へ出荷し、出荷資料の提供が得られることが加入の要件となります。

対象となる災害

すべての気象災害(風水害、干害、冷害など)、火災、病害虫(いもち、うんか、紋枯など)、鳥獣害です。品質方式、災害収入共済方式では、品質の低下による生産金額の減少も補償します。作物の管理不良などによる減収、薬害など人為的な減収は補償の対象となりません。(分割評価)

共済金額(補償額)

加入方式共済金額(補償額)
一筆方式 補償額=耕地の基準収穫量(※1)×補償割合×kg当たり価格
半相殺・全相殺方式 補償額=すべての耕地の基準収穫量(※1)×補償割合×kg当たり価格
品質方式・災害収入共済方式 補償額=基準生産金額(※2)×補償割合(9~7割から選択できます)

地域インデックス方式

補償額=単位当たり共済金額×統計単位地域ごとの引受収量(※3)×補償割合

(※1)基準収穫量とは、その年の天候や肥培管理等が通常のものとして、客観的に期待される平均的な収量です。

(※2)基準生産金額とは、過去の出荷実績をもとに決定される平年的な生産額をいい、麦については水田経営所得安定対策に加入する担い手と担い手以外で異なります。

(※3)基準統計単収×耕地面積

共済掛金

共済掛金=共済金額(補償額)×共済掛金率(※)―国の負担額(国が半額負担します。麦は半分以上を負担します。)

(※)共済掛金率は、過去の引受や被害率をもとに農林水産大臣より告示され、3年ごとに改定されます。

掛金について

農家の皆様からお預かりした掛金や国庫負担分の掛金は、共済金支払の財源になります。
1 災害があった場合は・・・
  ● 共済金支払いの財源となります。
2 災害がなかったり、少なかった場合は・・・
  ● 災害に備えて積立てられています。
  ● 損害防止事業の費用にあてられています。

共済金の支払い

加入方式支払いの内容
一筆方式 共済金=
(耕地の減収量-基準収穫量×0.3(※))×kg当たり価格
(※)6割補償の場合は0.4、5割補償の場合は0.5
半相殺方式 共済金=
(被害耕地の減収量の合計-基準収穫量×0.2(※))×kg当たり価格
(※)7割補償の場合0.3、6割補償の場合0.4
全相殺方式 共済金=
(基準収穫量-収穫量-基準収穫量×0.1(※)) ×kg当たり価格
(※)8割補償の場合0.2、7割補償の場合0.3
品質方式・
災害収入共済方式
共済金=
(基準生産金額×補償割合-生産金額)×(共済金額÷(基準生産金額×補償割合))

地域インデックス方式

共済金=
単位当たり共済金額×共済減収量※
※(基準統計単収-当年産統計単収)×引受面積-基準収穫量×0.1(※2)
(※2)8割補償の場合0.2、7割補償の場合0.3